デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 キャリア採用

代表執行役社長:福島 和宏

日本のビジネスを強く、世界へ導くために
激動する経営環境をプロフェッショナルとしてサポートする

Q.DTFAの主な業務を教えてください。

A.DTFAには、企業の重要な経営課題をプロフェッショナルファームとしてサポートするというミッションがあります。同時に、それは我々デロイト トーマツ グループ全体の「Making an impact that matters.」という目的そのものでもあります。

具体的には、M&Aや不正調査といった危機対応、再生業務のほか、知財アドバイザリーや国際開発アドバイザリーなどにも業務を広げており、手掛けている分野は実に多岐にわたります。まさにDTFAは、アドバイザリーを軸にしながら、2020年以降に向けて新たなビジネスの領域をより拡大していこうと模索している道程にあります。

一方で、デロイト トーマツ グループにおけるDTFAは、ファイナンシャルアドバイザリーの分野を担うのはもちろん、素早い意思決定が可能である特長をいかし、常に先端的なものに取り組み、それをグループに取り入れていくことが重要だと考えています。

例えばDTFAはこれまでM&Aとクライシスマネジメントの2つを大きな事業分野としてきましたが、2018年6月にはイノベーションビジネスを新設しました。これによって接するクライアントの裾野が広がり、新たな知見、ニーズとの出会いが生まれ、それらをまた組織に取り込んで成長していくプラスの効果があると捉えています。

Q.DTFAへのニーズはどう変化していますか?

A.DTFAが提供するサービスへのニーズは近年、極めて高くなっています。その社会的な背景の1つに、日本企業は成長の踊り場にあり、自前主義でグローバルと戦っていくことに限界がきていることが挙げられるでしょう。

加えて人の流動性も高くなっており、より専門的な業務は外部のプロフェッショナルを活用して、内部のリソースを集中させ、大舞台で戦っていきたいという機運が企業に高まっています。あるいは、次のステップへ進むにはそうせざるを得ない環境に変わってきたと言えるかもしれません。

こうした企業を取り巻く環境の変化に伴い、我々に求められるレベルもより高度化しています。クライアントがアドバイザーに対して求めることは言うまでもなく、クライアント自身では困難なことについてのサポートです。その意味でも、我々が多様な課題にしっかりと対応できるかどうかが非常に重要になっています。

Q.DTFAの強みはどのような点にあるのでしょうか?

A.我々が強く意識しているのは、イノベーティブなものを次々に取り込み、専門的知見と経験を進化させ、それをクライアントに提供することです。

デロイト トーマツ グループは多くのファンクションが集まっていることで、幅広いサービスラインの知見を得ることができますし、それによってクライアントに提供できるサービスのスピード感や情報量において大きな強みを持つことになります。

しかし、それ以上にデロイト トーマツ グループが持つ強みがあります。それは、ここで働く人そのものです。どれだけ多くの実績を築いている会社でも、対面する人物が信用できなければ、仕事を任せていただくことはできません。その点において、DTFAのタレントはそれぞれが異なる魅力と高い専門性を持っており、クライアントから厚い信頼を寄せていただけていることが何よりの誇りです。

Q.DTFAで働くことの魅力を教えてください。

A.我々はさまざまなクライアントと出会う機会があり、クライアントの数だけ多様なニーズがあります。そのようなたくさんのクライアントから、一緒に仕事をやってよかったと感謝の声をいただけることは、この仕事の魅力の1つですし、それは常に新鮮な喜びをもたらしてくれます。私自身、「やっと探していた人に会えた」と声をかけていただいたことがあり、その時のことは今も鮮明に覚えています。もちろん、時として厳しい言葉や、難題をいただくこともありますが、それも自分の糧として取り込み、次へといかしていくプロセスを楽しんでもらいたいと思っています。

DTFAの仕事には、常に一定のプレッシャーを受けながら、課題を乗り越え、打破していく大変さがあります。だからこそ信頼できるメンバーと一緒に心を1つにしてクライアントに向き合うことは、それ自体が大きなやりがいです。そして社会的にインパクトのある案件に関わり、バリューを発揮するという経験は大きな自信にもなります。ですから、DTFAに入社後は、年に1つ、自らのキャリアの節目となるような仕事に取り組んでいただきたいと考えています。きっと自分自身、想像もつかないような成長につながるはずです。

Q.DTFAが求める人物像を教えてください。

A.まず前向きな思考を持っていること、そして好奇心を持って新しいことに挑戦すること。キャリアを重ねている中途の方であれ、これから社会に出る新卒の方であれ、この2つがDTFAで働くうえで、非常に大きな要素です。また、人間として、あるいはプロフェッショナルとして、クライアントやマーケットから信頼される存在であろうとすることも、もう1つの重要な要素です。

そして中途入社の方には、組織にとってもクライアントにとっても、新たな付加価値を与えられる存在となってくださることを期待しています。一方で、自分の時間が多い学生の皆さんには、自らの目標に向かって、あるいはその時、その場所でしか経験できないことに時間を費やしてもらいたいと思っています。

現在のDTFAは、比較的規模が小さいところから、大きな成長を続けている過程にあります。成長は我々がクライアントのニーズに常に応え続けるためであり、新しいことを取り込むことによって、デロイト トーマツの組織文化が形成されてきました。とくにDTFAはグループのなかでも、そうした傾向が強い組織ですから、さまざまな価値、アイデアをDTFAにぜひ持ち込んでいただきたいですね。

Q.DTFAの今後のビジョンを教えてください。

A.我々は、常に社会のニーズに応えようという強い意志を持っています。これを達成するうえで欠かせない両輪が、DTFAに所属するメンバーの一人ひとり、そして組織の成長です。

国内外のデロイト トーマツ グループのなかでも重要な役割を担い、マーケットにおいても圧倒的ナンバーワンの存在であるためには、規模とタレントの質の両面において成長を続け、DTFAを1,000人規模にまで拡大することが目標です。

そのために重要なのは、既存のビジネスに安住するのではなく、常に新しいことに積極的に取り組み、質を高め、拡大していこうとする強い気持ちです。個々の力を組織の力として発揮していくことが、新たな分野を生み出す力になり、より質の高いサービスの提供を実現する力になると考えています。

DTFAは今も成長段階にあり、私自身も2018年の6月にDTFAの代表に就任したばかりです。私もまた、メンバーと同様に新しいチャレンジをしている最中です。プロフェッショナルとしての自分に誇りを持ち、日々、仕事に臨んでいるDTFAの一員となって、新たな付加価値をもたらしてくださる方と出会える日を楽しみにしています。